おじさん

一昔前ならば、金額が分かるので商品券などを贈ることに抵抗を感じた方も多かったことじゃろう

しかし今はそれ以上に、贈る相手が貰って喜ばれるものを選ぶことに苦心していますよね。

贈ったは良いけど相手の趣味趣向に合わず、逆に気分を害されたらどうしようって思ってしまうことも。
それならば、相手が自由に選べる商品券などの方が喜ばれる確率は高まりますよね。

品物を贈ったとしても、相手もだいたいの金額は想像できるのですから、それならば初めから商品券でも良いはずですよ。

日用品から実用的な品物がすぐに購入できるからアマゾンギフト券が喜ばれる

何と言ってもその品数の豊富さにありますよね。
日用品から実用的な物、趣味やスポーツに至るまで、ありとあらゆる物が揃っています。

そして町のお店で買うよりも、同じ品物が安く提供されていることも多いですから、貰ったギフト券の額面以上のお買い物ができることだって多いのです。

それに一般的な商品券はおつりが出ません。
それに対してアマゾンギフト券はおつりと言う概念ではなく、アカウントにチャージして使っていくと言う形態です。
言ってみれば1円単位まで無駄なく使えると言う利点も持っているからです。

Eメールタイプや印刷タイプは若い人向けのギフト

アマゾンギフト券には数種類のタイプが用意されています。
Eメールタイプは文字通り、Eメールでギフト券番号など必要な事を送るタイプです。

ただ文字だけが並んでいるのではなくイラストやアニメーション、また自身が選んだ画像とともにメッセージを添えて贈るものです。
印刷タイプはPDFファイルを送信し、それを印刷して使用するものです。
こちらも様々なデザインから選ぶことができます。

この2つはどちらかと言うと若い方向けのギフトと言えるでしょうね。

配送タイプはギフトとして幅広く使えます

配送タイプにはボックスタイプ、封筒タイプ、グリーティングカードタイプ、マルチパックがあります。

ボックスタイプはギフトボックスが無料ですし、封筒タイプは無料の紙製ケースに入れられて贈られます。

グリーティングカードタイプならば、一度自宅に送ってもらってからメッセージを手書きで書いて、同封されている化粧封筒に入れて手渡すと言ったこともできます。
それぞれにギフトラッピングやのしシールが利用できたりしますから、かなり幅広い用途で使用することができますよ。

相手にはどうやって送れば良いの

最近はメールアドレスやラインのIDは知っているけど、住所は知らない友達って多いですよね。
メールアドレスさえわかればアマゾンギフト券を贈ることができます。
それも素っ気ない文字だけのメールではなく様々なデザインから選んだり、自身が持つ画像ファイルを使ってデザインすることも可能です。

また配送タイプの場合は、さすがに住所がわからなければ配達してもらうことは出来ませんが、一旦自宅に送ってもらってから手渡しするとのも良いですよね。

amazonギフト券などネットでは買い物しない人だったらどうしよう

中にはそう言った方もおられることでしょう。
またネットで買い物はするけども、アマゾンは使わないと言った方もおられると思います。

せっかく贈ってもらったけど、アマゾンでは買い物しないからって言われた場合ですが、アマゾンギフト券の売買を行っている業者を勧めるのはアリだと思いますよ。

その大半が実店舗ではありませんので、お店に出向く必要もなく、換金されるまでの時間もすごく短い。
大手の業者ならば信頼性が高いですし、騙されると言った心配もありませんからね。

アマゾンギフト券 プレゼント 贈る

LINEで送る
Pocket