まずアマゾンギフト券には、残念ながら有効期限が存在します。

基本的には1年で有効期限が到来することになります。
1年って意外と短いですよ。
気が付いたら有効期限が来ていたなんてことの無いように注意が必要ですね。

意外と短い?アマゾンギフト券の有効期限はタイプ別で期間が異なる

法人向けに発行されたギフト券は2年となっていますが、なかなかお目にかかる機会はないでしょうね。

またコンビニのマルチメディア端末で発券される、シートに印刷されたタイプ(シートタイプ)は3年となっています。

それ以外のギフト券はすべて1年となっています。

終わりがあれば始まりがある有効期限の開始日はいつ

有効期限の到来についてですが、まずは有効期限の開始日についても見ておきましょう。
コンビニなどで吊るされたカードを購入した場合は、レジで精算した時点で開始日となります。

悪いことなのですが、カードタイプのギフト券を盗んだ場合はどうなるのでしょうか。

実はアマゾンギフト券はレジで精算する時に、そのギフト券が有効に使えるようアマゾン側で登録します。
盗んだ場合はそのカードが有効となっていないので使用することもできません。
有効期限も到来しませんが、使用することもできないのです。

その他の種類のギフト券も、基本的には発行された時が有効期限の開始日となっています。
メールで送信するタイプや印刷して使用するタイプならばアマゾンが送信した時点ですし、グリーティングタイプなど配送されるタイプは、アマゾンが発送した時が有効期限の開始日となるのです。

有効期限は簡単に分かるの?その確認の方法とは

有効期限がいつなのかを知る方法ですが、購入したりプレゼントされたときにときにアマゾンから送られてくるEメール、またはギフト券自体の表示を確認するようにとなっています。
アカウントに紐づけしていなければこれらの方法か、アマゾンのカスタマーサービスに問い合わせることになります。
アカウントに紐づけ(登録)されていれば、アカウントへログインして確認することができます。

うわっ!もうすぐ有効期限が切れちゃう!

でも気が付いたら有効期限が間近だったなんてこともあるでしょう。
クレジットカードのポイントがたくさん付く月に、どうせこの先も買い物するだろうからと大量にギフト券を買ってしまい、思ったほど買い物しなかった、なんてことも十分考えられます。

有効期限までに買わなくちゃと、必要ないものを惰性で買っちゃった、なんて本当にもったいないですよね。

王道的対処法のカスタマーサービスへ連絡

まずは王道ですが、アマゾンのカスタマーサービスに電話してみましょう。
そしてギフト券の有効期限が切れたことを告げるのです。
すると1年間延長されたギフト券をお手元に届けてくれるのです。

なんだ、それなら有効期限なんて無いのと同じじゃないか。
そう思いますよね。
残念ながら1度の延長しか対応してくれません。
あくまでアマゾンのおまけですから、そう何度も甘えることはできませんよ。

注文をキャンセルして有効期限を延ばす

先ほどの方法は有効期限が切れてからの対処法で、言ってみればおまけ的性格が強いものでした。
今度は実際の取引でもありそうな手法です。

まず有効期限が切れそうなギフト券の残額に近い商品を購入します。
そしてキャンセルするのです。

それだけ?って思った方も多いはずです。
キャンセルすれば当然キャンセルした分の金額(ギフト券)が戻ってきますが、なぜか有効期限はキャンセルした日から3か月先になっているのです。

アマゾンでの実際のお買い物でもキャンセルすることはありますよね。
キャンセルした時のアマゾン側の決まりを逆手に取った方法とも言えるでしょう。

ただし条件がありまして、キャンセルできない商品としてアマゾン以外が出品している商品や、音楽やキンドル本などデジタルコンテンツはダメです。
またAmazonプライム対応の商品もダメなようです。

どうせならamazonギフト券を現金に換えたい!って思いますよね

どうせならお金に換えてしまいたいという方もおられるでしょう。
そんな方にはアマゾンギフト券を専門にまたは中心に売買している業者をお勧めします。

アマゾンギフト券は一般的な金券ショップでは扱っていないため、買取もしていません。

またアカウントに登録したギフト券の場合はその売買が一般的には難しいのですが、今では一部の業者さんでそのような登録してしまったアマゾンギフト券でも買い取ってくれるそうですよ。

おじさん

どうせ買い物する予定もないなと思えば、思い切って売却を考えてみるのも良いかもしれないぞ

LINEで送る
Pocket