今や少額の決済でもクレジットカードが当たり前のように使われる時代になりました。
同じように支払いを行っても、クレジットカードならばポイントが付くのでその分お得なんですよね。

コンビニでもふつうにクレジットカード決済が行えますから、おにぎり1個でもポイントが付きますよ。

アマゾンギフト券はなぜクレジットカードで買えないのか

最も大きな理由は、クレジットカードで決済されると儲けが無くなるからです。
クレジットカード決済した場合、コンビニの本部がカード決済の手数料をカード会社へ支払います。
アマゾンギフト券をはじめプリペイドカードを販売すれば販売手数料が入るのですが、カード会社へ払う手数料と相殺されてほぼ儲けが無くなるからなのです。

それにコンビニで販売されているプリペイドカードの大半は、そのお店で使用できないものですよね。
アマゾンギフト券をそのお店で使えられれば良いのですが。

自分のお店で使えないプリペイドカードの販売は、販売手数料以外に設ける手段が無く、なおかつクレジットカードの手数料をカード会社へ支払っていると、お店側としてはやってられないということですね。

またプリペイドカードをカード決済で購入して転売し、現金を得ようとする人もいます。
こういった人はいつカード会社への支払いが滞るか分からないため、カード会社も警戒していると言った事情もあるようですね。

アマゾンギフト券をクレジットカードで買えるコンビニ

さんざん買えないと書いてきましたが、唯一クレジットカードでアマゾンギフト券を購入できるコンビニ。
それはファミリーマートです。
サークルKサンクスとの合併で店舗数が大幅に増加し、コンビニ業界第2位に躍り出るファミリーマートでは、プリペイドカードをクレジットカードで購入できるのです。

ただし条件があります。
使えるクレジットカードがファミマTカードに限定されてしまうのです。
それにTポイントもたまりません。

クレジットカードのポイントは貯まるのですが、ちょっと使いづらいかもしれないですね。
自社のクレジットカードのため、カード決済手数料が不必要なのか格安のために可能なのでしょうね。

間接的にならばクレジットカードで支払えます

こちらの方が利用価値はあると思います。
セブンイレブンならばnanacoで、ミニストップならばwaonでの支払いができるのです。

nanacoもwaonもクレジットカードによるチャージができますので、間接的ながらもクレジットカードでアマゾンギフト券の購入が可能となるのです。

こちらの場合もnanacoポイントやwaonポイントは付きませんが、チャージする際にクレジットカードにポイントが付きます。
クレジットカードのポイントですからそれほど大きなものではありませんが、ちりも積もれば山となるですよ。

わざわざコンビニでアマゾンギフト券を購入する理由

ネット上のサイトにクレジットカードの番号を打ち込むことに、怖さや抵抗を感じている人も多いでしょう。
そう言った方は上記で述べたような方法でアマゾンギフト券を購入すれば解決します。
それとアマゾンギフト券を使うもう一つの理由があります。

例えばアマゾンで1,980円の品物を買うよりも、2,000円の品物を買う方がクレジットカードのポイントは多く付きますよね。

おじさん

アマゾンギフト券を事前にクレジットカードで購入しておけば、あと20円でポイントが多く付くのに、なんてことは避けられるぞ

LINEで送る
Pocket