Amazonギフト券即日現金化のチケットのふくふくの評判は?サービスの特徴を検証

古物営業法に基づいてAmazonギフト券の買取を行うチケットのふくふく

「チケットのふくふく」は、古物営業法に基づいてバーチャルギフト券であるAmazonギフト券を買い取る買い取り専門店です。
Amazonギフト券にはいろいろとタイプがありますが、チケットのふくふくはEメールタイプ、印刷タイプ、カードタイプすべて買取対象となっています。

このタイプのギフト券はコードを入力するだけでやり取りが完了するため来店の必要がありません。また年中無休の24時間申込ができるため、全国のどこからでもいつでも、メールフォームから申し込むことができます。

最短10分で入金確認ができるため、とにかく大至急現金を用意しなければいけない人に大人気なんです。

チケットのふくふくの悪評の原因が解消された?最低利用金額を下げて手堅い買取率に

チケットのふくふくの口コミをチェックした時にデメリットとして言及されていたのが「最低利用金額が高い(3万円から)」
ということでした。

しかしこの最低利用金額、サイトによると1口1,000円からになったのです。いつから変更になったのかは不明ですが少額買取に対応しているのは大変便利なこと。また大口対応も可能なため、幅広い金額の買取申込をカバーしてくれていることになります。

手数料は一律200円。買取代金の計算方法がサイトに明記されているので予測もできます。

買取率は91%と謳っています。実際はその日によって変動しますが、最低買取率84%が保証されています。

サイトにはその日のギフト券タイプの買取率と入金までの目安時間が掲載されています。買取率は90%前後、入金時間は10分から30分くらいまでの幅があることが多いようです。

明瞭な表記と土日祝日振込対応銀行の多さがチケットのふくふくの魅力

最低利用金額を3万円から1,000円に引き下げたことで買取率も91%と多少手堅いものになっているチケットのふくふく。

しかしこの買取率も業界水準からみれば高換金率の範囲です。しかも最低買取率も、60%70%が当たり前の業界水準を考えると充分な高さ。

日本全国の金融機関に振込対応しているのも便利ですね。買取手続き完了から最短で10分の入金とはいえ、申込からの時間を考えると数時間は見ておいた方が安心です。

ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行に口座を持っている場合は銀行窓口営業時間外でも対応が可能。土日祝日かかわらずに振込確認ができるので利用できる環境にある人にはオススメです。

チケットのふくふくでギフト券買取をする際の手続きをチェックしてみよう

チケットのふくふくでギフト券買取を依頼する場合はサイトの申込フォームから申込を行います。必要事項を入力して送信すると折り返し「ギフト券買取のご案内」というメールが届きます。

迷惑メール対策のドメイン設定をしている場合にはチケットのふくふくからのメールを受信できるように設定することを忘れずに。

メールが届いたら本文の内容に従って本人確認を送ります。免許証、健康保険証、住民基本台帳カードのいずれかを事前に用意しておくとスムーズ。本人確認は不正ギフト券買取防止のためですが、不明な点があれば電話で問い合わせると良いでしょう。

買取手続きが完了したら指定口座へ買取金額が入金されます。

即日現金化したい人に驚異の高換金率を提示するチケットのふくふく

LINEで送る
Pocket